七草粥

「七草粥のこころ」
「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」、子どものころに一所懸命覚えた春の七草の名前です。ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはカブ、スズシロはダイコンのこと。この七草をお粥にして1月7日に食べる七草粥の習慣は、江戸時代に広まったそうです。
七草の種類は時代や土地によって異なり、七草がもっと多くなったり、少ない場合もあったそうですが、いつの時代もどんな土地でも、年頭にあたって豊年を祈願し、「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」と願いながらお粥をいただくその気持ちに差はありません。(kikkomanのHPより)

昨日は、スーパーで七草のパックに入ったのを買ったら、498円もしてびっくり!!
その辺に生えていそうだけど、見分けがつかないわ!!
来年は、覚えて摘みに行こうかな?
[PR]
Commented by ILmoon at 2010-01-09 18:32 x
ろくさんの所でコメントしてしまいましたよ・・七草がゆのこと・・
「ホトケノザ」というけれど、七草粥に使われるのは、キク科の「こおにたびらこ(子鬼田平子)」ね。
前もって散策すれば、採取できますね。買えば確かに高いです。
Commented by ろく at 2010-01-09 19:44 x
>スーパーで七草のパックに入ったのを買ったら、498円もしてびっくり!!

私もびっくりしまして、眺めただけ・・・コープでは298円でした。もちろん、中身の量も違うでしょうが・・・

田んぼのあぜ道でほとんどそろうでしょうが、犬のおしっこの心配が・・・
by msreiko | 2010-01-08 06:01 | キッチン | Comments(2)

ばあちゃんのひとりごと


by おとなペコ
画像一覧